STAKの日記

PCゲームの感想などを含む日記にするつもり

The Witcher 3 : Wild Hunt ヴェレンとノヴィグラドのメインクエストまでをクリア

f:id:STAK:20170717090602j:plain

ヴェレンとノヴィグラドのメインクエストまでをクリアした。プレイ時間は既に89時間かかってる。
この2つのマップは地続きの1個のマップであり南側がヴェレン、北側がノヴィグラド。おそらくこのゲーム最大のマップで他のマップの4倍くらいの大きさがある。

 

まだ高レベルが必要なサブクエストが残っているが、メインクエストを終わらせたことでゲーム全体の半分以上が終わったと思う。

 

トーリー

f:id:STAK:20170717090652j:plain

ヴェレンは沼と戦場が舞台となっており、展開されるストーリーも物悲しい悲惨なものが主になっている。

f:id:STAK:20170717091109j:plain

ノヴィグラドは大都市と田園が舞台なため若干明るめなストーリーになる。

どちらでも欧米の中世ダークファンタジー世界観を反映した物語が進むので、ハッピーエンドなどない暗いクエストが90%くらいをしめる。

 

f:id:STAK:20170717090711j:plain

ヴェレンのメインクエストは戦争のどさくさに紛れて領主になった男とその家族に関するもので、

f:id:STAK:20170717090729j:plain

ノヴィグラドは大都市に潜む裏社会と魔術師を弾圧する騎士団、そして魔術師の関係がどんどん悪い方向に進んでいく話になる。

かなり引き込まれる展開となるためプレイ時間がかなり長くなっているにもかかわらず、まだ飽きがこないのは凄い。そしてメインだけでなくサブクエストも作りが豪華で手抜きがないのも凄い。

 

f:id:STAK:20170717090858j:plain

ざっくりなあらすじとしては、ヴェレンで領主の仕事をこなすことで探しているシリがワイルドハントから逃げる途中に怪我をして領主の下で静養したことが聞ける。

そして領主と仲良くなるがテレポート能力?(使うとワイルドハントに居場所がばれるらしい)を使ってしまったため既にノヴィグラドに行ったことがわかった。

ノヴィグラドではシリがなんだかわからないアイテムを入手するために騎士団に潜入しようとするが失敗しテレポート能力?で既にスケリッジ諸島に行ったことがわかる。

 

つまり結局ゲラルドは探しているシリを見つけられなかったということで、濃密なサブクエストにより勘違いしそうになるがメインストーリーは全然進んでいない。

シリがどうしてワイルドハントから逃げているのか?ワイルドハントは何者なのか?などなど物語の核心は全くわからない。

トリスやダンディリオンなどのシリーズ恒例キャラクターが出てきたので懐かしくて嬉しい状況ではある。

f:id:STAK:20170717090923j:plain

 

戦闘

f:id:STAK:20170717090952j:plain

戦闘は自分的に形が固まってきており、

対人戦ではアクスィーの印を使い一撃必殺を狙って小攻撃を繰り出していく。

対モンスター戦ではイグニの印でバリアを張りつつ小攻撃を出す。

どちらでも小攻撃しか使っていない。石弓や爆弾、オイルや霊薬は全然使っていない。

たぶんこれでクリアまでいけそう。

 

グウェント

このシリーズにはやらなくてもいいミニゲームが組み込まれているのが恒例だけれど、

本作のミニゲームはカードゲームのグウェント。

正直言って一人で対CPU戦をやる上では強いカードを揃えて叩きつけるだけという印象だ。

まあまあ面白いけれど奥深さは感じない。

 

スマホをP10 liteに変更した

f:id:STAK:20170626000044j:plain

変更理由

これまでソフトバンクiPhone6を使用してきたが月額料金が5000円以上かかっていたため2年契約が過ぎたこのタイミングでMVNOIIJmioに乗り換えることにした。

スマホのはブラウザでネットを見るくらいにしか使っていなかったので高性能端末は必要ないと判断し安い、本体を探したところHuawei P10 liteに変更することにした。

IIJmioの月額料金は約1800円、P10 liteは25000円で購入、iPhone6ビックカメラに14000円で買い取ってもらった。

 

2日ほど使った感想

iosからandroidになったことで違和感があるが特に問題ない。P10 liteの性能も主用途であるブラウザはスムーズに見れるし、スマホゲームはやらないためこれで十分。

画面サイズが大きくなったため文字が見やすくなったのがよい。

サイズは少し大きくなったがカバーを付けていたiPhone6と裸のP10 liteで横幅は同じくらいで縦が1㎝ほど長くなった感じ。P10 liteは安いため裸で使うつもり。

f:id:STAK:20170626000208j:plain

 

iPhone6とP10 liteのカメラ比較

iPhone6(2014年の高級機種)とP10 lite(2017年発売の廉価機種)でカメラ画質がどれくらい違うのか気になったので同じ風景を撮って比較してみた。

撮影設定などは標準カメラアプリのデフォルトのまま。

まずは昼間の比較

f:id:STAK:20170626000435j:plain

f:id:STAK:20170626000515j:plain

上がiPhone6で下がP10 lite

P10 liteは寒色系の色合いな感じだが基本的にはiPhone6と大差ないように感じる。

 

夜間の比較

f:id:STAK:20170626001018j:plain

f:id:STAK:20170626001117j:plain

上がiPhone6で下がP10 lite

昼間と同じようにP10 liteは寒色系だが、P10 liteの方がノイズが少なくきれいに写っている。

 

約3年で高級機種と廉価機種のカメラ画質がほぼ同じか逆転するくらい向上しているのは少し驚き。イメージセンサー性能と画像処理技術の向上が反映されており、画質にそこまでこだわりのない自分にとって十分なカメラ性能だ。

The Witcher 3 : Wild Hunt ホワイト・オーチャードをクリア

f:id:STAK:20170620000712j:plain

たぶんホワイト・オーチャードのマップをクリアした。ここまでのプレイ時間は20時間ほど、かかりすぎか。

ワールドマップを見ると総マップ数は7なのでざっくり7分の1まで進んだと思う。

 

戦闘

ここまでで感じたこととして戦闘はバックステップとローリングを使って敵の攻撃を回避し、即座に反撃するといった方法をとらないと厳しい。敵の一撃が重いため攻撃を食らうわけにはいかない。

そして印(魔法)は敵の攻撃を1回だけ防ぐクエンが有効で、これを常にかけた状態で戦闘すると楽になる。

攻撃は弱攻撃だけで行けそう。

 

オープンワールド

とりあえず村まで行って掲示板を見ると辺り一帯のクエストポイントがマップに記載され移動していると通行人などからの依頼によるクエストも発生するため、クエストを探してマップを探索するということはない感じ。

ただクエストの内容によってはあまり面白くない。依頼されてイベントのように進むクエストはいいのだが、マップに記載されただけのモンスターの巣破壊クエストや隠された宝クエストは単純に敵を倒すだけなので退屈だ。基本的にマップに?と表示されるクエストはこれになるらしい。

依頼されたクエストではゲラルドが探偵のように事件現場を調査して話が進んでいくのはこれまでのシリーズに無かった彼の一面が見られる。

f:id:STAK:20170620000548j:plain

ファーストトラベルがマップ数か所にある道標からしか行えないことは不便でこれは明らかに悪い点だ。

 

トーリー

このマップのクリアでようやくイェネファーと出会うことができてストーリーが動き始めた感じで、とりあえずの目標は侵略皇帝の娘でありウィッチャーであるシリを探すことになった。ここら辺は社会情勢やら登場人物やらの単語が説明なしに登場するため理解するのに手間取る。

f:id:STAK:20170620003732j:plain

いくつかのクエストをこなしたがやはり洋RPGということで選択肢はどれを選んでもハッピーエンドとはならないようだ。戦争で社会が崩壊している状態なので救われない展開にしかならないわけだ。

f:id:STAK:20170620003637j:plain

ゲラルドもヒゲを剃られてすっきりした状態で次のマップへ進んでいく。

f:id:STAK:20170620003653j:plain

 

The Witcher 3 : Wild Hunt 始めた

f:id:STAK:20170604172907j:plain

3作目にして傑作となったポーランドRPG

2015年に発売され圧倒的な高評価がされているWitcherシリーズの3作目、Witcher3を始めた。

このシリーズのWitcher, Witcher2はプレイ済みだが、正直言って2作をプレイした段階では3作目が傑作になるとは思っていなかった。

初代Witcherはダークな雰囲気と世界設定がよくできていたがグラフィックはショボかったし操作性は最悪、難易度設定も無茶苦茶だった。主人公が訪れる街の女とエロいことをすることがウリだが、そのエロも2Dのカード一枚なので雰囲気ゲーと割り切らないとやってられなかった。

Witcher2はグラフィックが向上し当時としては綺麗目だったと思うが、やはり操作性はダメだった。エロが3D表現(MassEffectやDragonAgeのようなセクシービデオ風)になったりして前作より向上は見られたがやはり雰囲気ゲーでしかなかった。

そんなわけでWitcher3が発表されたときは注目していなかったけれど世界中で傑作扱いされることになったので手を出さずにはいられないため2016年末のsteamホリデーセールで購入した。

まだ、1時間ほどしかプレイしていない状態だがファーストインプレッションとして書く。

 

ゲームシステム

オープンワールドを採用して馬に乗り様々な場所に行けるようになっているようだが全ての場所が一つのマップで繋がっている感じではなさそうだ。Dragon Age : Inquisitionのように大きなマップが複数用意されておりそれぞれのマップの中を散策していく感じか。

戦闘はWitcher恒例の対物理用武器と対悪魔用武器を切り替えて攻撃を行う。弱攻撃と強攻撃、防御に回避と最初は憶えることが多く使いこなせていないが、これらを使いこなした熱い戦いになるのだろうか?今のところはわからない。

これまでのシリーズのような操作性のクソさは今のところない。

 

f:id:STAK:20170604172926j:plain

グラフィック・サウンド

高設定でプレイしているがグラフィックは綺麗目ではあるけれども最高クラスという感じはしない。広大な範囲を描写しているためしょうがないが個別のモデルの作り込みは大したことはないため細かく見ると甘さが見える。

広大な範囲を見渡した時の迫力は表現できていると思う。

ゲーム中にもロードが挟まるためロード中はFPSが低下するが、最高設定でもほぼ60FPS安定で重いシーンでも50FPSを下回ることはなさそうだ。

GPU使用率は100%でVRAMは1.6GB、CPU使用率は4コアとも85%、メインメモリは6GB使用。今使っているPCではギリギリ最高設定を保てる重さといったところ。

通常のゲームシーンとイベントシーンでは描写設定が異なるようでイベントシーンでは綺麗な描写になるが重くなり30FPSほどに落ちてしまう。イベントシーンでのFPS低下は気にならないけれど。

サウンドはオープンワールドによくみられる多数の環境音で占められているが音楽もちゃんとあり物寂しげで環境音を邪魔しない程度のBGMとして鳴っている。

 

オープニングストーリー

主人公ゲラルドが知り合いの魔女を追うシーンと過去のWitcherの砦(初代Witcherのオープニングで登場した砦?)で女の子のWitcher見習いを鍛えるシーンでオープニングが構成されている。

初代と2をプレイしたのがだいぶ前で忘れてしまっているのもあるが知らないキャラクターばっかりだ。

ゲラルドが追う魔女イェネファーはゲラルドと恋人関係のようだが前作までは登場していなかった気がするし、これまで恋人だったトリスはどうなったのか?

またWitcher見習のシリも初登場だと思う。他のWitcher仲間も3人いるが記憶にない。初代Witcherで砦にいた奴らと同一人物か?

世界は2のエンディングで示された南方の国からの攻撃が続いていて戦争中なのだと思うが地理関係もよくわからない。

プレーヤーが探索することで世界と人物像が明らかになっていくのがWitcherシリーズなので今のところわからないことも後々理解できるだろう。

始めたばかりなのでなんだかわからないが物語に引きずり込まれた状態ではあるが、壮大そうな雰囲気で先が気になるオープニングだ。